治療院ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ちがう!!  俺はそっちじゃない。

寒い日が続きますね?


帰宅して暖かい部屋に入ったとたん
凍てついた手足にぽ?っと血が通ってくると安心します。

おまけに鍋なんか湯気だっていると、とても幸せな気分になれます。


数日前帰宅すると温かい「おでん」が
しかし嫁の顔色がさえません




「ジャガイモ芋入れたら変な色になってしまった、たべられるかなぁ?」


っと鍋蓋をあけると焦げ茶?黒い色の中間色?でしょうか。
それらしい物体が、温かそうにダシに浸っていました。


・・・

食べられるか心配なものを私に出しているのでは?  と心の中で呟きつつ


はて、これは何なのか?

イモ類ではありそうです。   恐る恐る箸で開いてみると・・・




やっぱり芋でした。


もらった芋ふるくなったのかなぁ?  と嫁さん


もらった芋?


あっ !!

年末に患者さんの「0さん」から頂いてた蜜芋だったのかー  と納得。


しかし蜜芋はジャガイモではなく


「さつまいも」じゃないですか?と心の中ではそう思ったのです。


口には出しませんでしたが

「惜しかったなぁ?」「芋間違いやでぇ?」

とお互い無理に笑い合ってその場を収めました。  

良かったです。





良かったです。では蜜芋の立場がないので
お味の方は


おでんのダシにも味で全く負けず甘さははっきり解りました。
甘ぁ?い焼き芋の食感がしました。
ちゃんと調理すればもっとそれらしい味がしたのでしょうが
私が彼らに出会ったのは変わり果てた姿の後だったのが、いささか心残りです。


だしの中で「おれはそっち(じゃが芋)じゃない!!」と味で自己主張しているように思いました。



0さん、蜜芋ありがとうございました。




なしもと
スポンサーサイト

別窓 | - | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 治療院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。