治療院ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

播磨灘

GW   久しぶりに田舎に帰ってきました。

このところ家族でお出かけもしておらず
「子供が新幹線に乗りたい」というリクエストもあり

新大阪から相生まで「ひかり」で
連休中で満員を覚悟していましたが

私達が乗った車両には3グループ12?13名の乗車状況でした。
高速道路1000円の影響でしょうね。
おかげで車内ではくつろげました。

相生駅から出た瞬間

呼吸が楽

相生駅のすぐ北側には国道2号線が線路に沿って東西を結んでいますが
それでも大阪とは空気が違います。

大阪の空は病んでいるなぁ?・・・と改めて実感しました。


実家に行く前赤穂市内へ遠回りして景色を楽しみました。

033_convert_20090507083737.jpg
またまた車内からの写真ですが
相生市内から赤穂市内へ通じる山道があります。

地図では「高取峠」記載されている「鷹取峠」です。

赤穂事件(元禄14年(1701年)3月14日(21日)、の浅野内匠頭の殿中刃傷)で事件を
江戸から赤穂へ第一報を伝える急使が早駕籠でここを通過したそうです。

赤穂藩に報が伝わったのは19日(26日)卯の刻(27日の日の出前)早駕籠を乗り継いだにしても
狭い駕籠内で5日間は想像するよりも過酷だったと思います。
到着後すぐ長時間の全体会議ですから。


早駕籠


急使の早水藤左衛門満尭と萱野三平重実の活躍を記念して早駕籠のモニュメントです。
絵が遠くで解りにくいですね。

早駕籠は現在の国道250号線(高取峠)ではなく国道脇の谷を通っていたそうです。


国道250号線を進み坂越トンネルを抜け坂越湾?播磨灘を臨みながら赤穂市内へ

坂越湾



播磨灘

波も穏やかな播磨灘に薄く霞がかかり
のどかに時間が流れているようです。

そう見えましたが・・・黄砂なのか霞なのか怪しく思ってしまうのは

”あの”先生の影響でしょうか?




つづく








スポンサーサイト

別窓 | - | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 治療院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。