治療院ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

土の匂い

いささか遠回りしてしまいましたが
やっと実家に辿り着きました。

先ずは墓参り
実家から1キロほど離れた祖母の家の近くにお墓があるので
メタボ対策を兼ねて田んぼのあぜ道を、とことこ歩きました。

恋の季節なのでしょうか?
山にはホトトギス・空には燕が田圃ではひばりが恋の歌をさえずっているようです。

”つまらない”オスに惑わされないよう気をつけていもらいたいです。

田舎に住んでいた時は当たり前で気にもなりませんでしたが、鳥の声以外に物音が聞こえない
そんな空間でした。

標識しかありませんがここにも「木の目池遺跡」があり、古くから集落があったようです。


そろそろ田植かな?と思っていましたが少し早いようで
あぜ道に名前は解りませんが雑草の花が咲いていました。  


クリックで大きくなります
ので  パチッ


墓参りまでの途中、あぜ道で懐かしい土の匂いを、微かに感じることができました。

春先土手の近くでは凍てついた土が溶けはじめ
その時はよく、むせるほど濃厚な土の匂いがしたのを覚えています。



あぜ道を歩いていると野生の「カモ」のつがいが私に驚いたのか
田んぼの中から飛びだっていきました。

子供の時見なかった光景です。

失ったものも多いですが少しずつ自然が、動物達が住みやすくなっているのでしょう。

クリックで大きくなります
木の目池
この水が田んぼに供給されます。
子供の頃は「菱」など沢山生えていました。
池が整備さたせいかどこにも見当たりません。


墓参りを終え
母親の腰痛の調整をして
心ばかりの「母の日」をしたつもりです。


クリックで大きくなります

クリックで大きくなります


写真は「木の目池」からの光景です。
子供のころはこの土手で
親子とお弁当を持って野草積みをして遊んでいました。

新聞紙をひいて「おにぎり」だけの質素なものでした
何にもない所ですが、思いで深い場所でもあります。


5月末には乾いた田圃も
大空を映す大きな鏡になります。


その頃に妻と子供でまた同じ景色を見たいものです。




おわり




スポンサーサイト

別窓 | - | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 治療院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。