治療院ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

わっ、ゴキブリだ!

先日図書館に行った際タイトルのインパクトだけで読んでしまいました。

わっ、ゴキブリだ!わっ、ゴキブリだ!
(2005/05)
盛口 満

商品詳細を見る





いわゆる「虫屋」と自称しておられる方々(虫愛好家・虫ヲタク)の研究と主張がかかれています。

世界にはおよそ3700種のゴキブリが存在し
日本産ゴキブリ類は52種7亜種が記録されています。


?家ゴキと野ゴキ?
家の中で観察できる?家ゴキは日本産で約10種よく見かけるものが5種
(ワモン・コワモン・ヤマト・チャバネ・クロゴキブリ)
他のゴキブリは屋外で生活する野ゴキタイプです。
木の幹や落ち葉の間に隠れ生活しているようです。

家ゴキが最初から家にいる訳もなく
原初のご先祖さん達が洞窟等暗くじめじめ湿気の多い所で暮らし
その後家を建てて住むようになった時に家の暗く湿気が多い所を
ゴキブリが間借りしているようです。

昆虫採取に血道を上げている人達は「虫屋」を自称しているそうです。
さらに専門によって「蝶屋」「カマキリ屋」とか細分化されているようです。

著者は虫屋を自負していたのですが、「引き籠りの虫屋スギモト」に
「生き物屋は何か興味を持った事に対し、周囲が見えなくなり、どんどんマニアックな世界に入り込んで行くもの」なのだそうで、著者はスギモトから言わせると普通の人なのだそうです。


?ゴキブリの天敵?
色々いるようです。ヤモリの仲間から蜘蛛の脚の長いアシダカグモ、卵に寄生する蜂
その他に屋久島では猿が野ゴキを食べるのが観察されているようです。
本州でもお猿さん多分冬場なんか食べてるんじゃないかなぁ?。

野ゴキの食べ物は倒木等の朽ち木だそうです。
だから家ゴキのように菌の感染の可能性は少ないかな?

そして・・・人
著者も野ゴキの「オオゴキブリ」を熱心に探し研究するあまり
とうとう食べてしまいます。

一緒にいた人が「どんな味?・油っこいとか?」
著者「ううん、普通の虫の味」・・・・?普通って

Do You 事?


昆虫食は世界各地で存在します。タイでしたか?あの辺は有名ですね。
なんでムシを食べるのかと質問したら
「エビ」と「ムシ」とどうちがうんじゃい!と怒られたとか。

日本でも伊那の「ザザ虫」とか岐阜方面の「イナゴ」有名な「蜂の子」など
私も「蜂の子」「イナゴ」は経験しました。

伊丹市昆虫館ではイベントで昆虫のパエリアを食べさせてくれますよ。




ゴキブリに興味を持った方はこちらのサイトをどうぞ
ゴキブリ秘宝館
http://members.at.infoseek.co.jp/dentan/index.html





私は、昆虫見ればすぐ処置してしまう方なので
彼らと同じ目線で昆虫は見れませんが
昆虫と戯れている彼らを遠くから見てみたいです。



スポンサーサイト

別窓 | - | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 治療院ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。